アルバイトから正社員について

WEB系のアルバイト

いまや世界中のどこにいてもインターネット網が利用出来る時代になりました。それだけにコンテンツの数も膨大になり、ホームページを持っていない会社は存在していないのと同じ、適当なサイト作りでは閲覧者は訪問してくれない、などWEBの世界も企業にとっては随分とシビアになってきました。インターネットを検索すれば当然のように出てくるサイトですが、これを作るアルバイトをしているのがWEB業界で働いているデザイナーやプログラマー、ディレクター、などです。WEBサイトを作成する時には作成後も運用やメンテナンスまで手がけます。サイトの見た目を作るのがWEBデザイナー、アクションの仕様を整えるのがWEBプログラマー、クライアントとの仲介を担うのがWEBディレクター、と捉えておけば良いです。これら3つの仕事は分業化されているのが普通です。

ここでは特にWEBデザイナーに焦点を当てて取っておくと有利な資格について説明します。WEBデザイナーは資格がなくても仕事はできますが、WEBサイトの設計や構築、マネジメントを手広く学べるサイトデザインアーキテクトのSDA検定などは他のアルバイト志願者がいる場合には差を付けられます。

Copyright (C)2017アルバイトから正社員について.All rights reserved.