アルバイトから正社員について

生まれて初めてのアルバイト

アルバイトをするということは、それまで家庭と学校だけの生活を抜け、社会に出るということでもあります。勿論正社員として雇われるのとアルバイトでは責任の重さや仕事の重大さが違うので、本格的に社会に出るのとは違うかもしれませんが、それでも働くということを知る一歩としては大切なことだと思います。そんな初めてのアルバイトの時というのは緊張と失敗の連続の日々です。知らない人達に囲まれて、きちんとした言葉使いや挨拶もままならないまま見様見真似で社会に飛び込むのは、当然失敗もたくさんします。しかし大切なことは失敗しないことではなく、その失敗から何を学ぶかなのです。次同じ失敗をしないためどうすればいいか努力する心が大切なのです。

そうして社会に出て働いてみて、一番強く感じるのは親への感謝ではないでしょうか。親が働いてくれるのが当たり前だと思っていた人でも、いざ自分もアルバイトとして働いてみるとその大変さと責任の重さを感じることでしょう。そして親の有り難さや感謝の気持ちが生まれるのです。普段から持っている人は更に、そして普段あまり思ったことのない人は特に初めてたくさんのことを学ぶのではないでしょうか。当たり前に生活できるということは誰かが頑張っているからであり、それに対して感謝する気持ちになれるきっかけになるかもしれない初めてのアルバイトは大切なことなのです。

Copyright (C)2017アルバイトから正社員について.All rights reserved.