アルバイトから正社員について

私が経験したアルバイトの感想と体験。

アルバイトは人生経験を豊富にするものだと、私は思います。アルバイトでしか体験できない人間関係、仕事内容、時間があると思います。私はアルバイト経験が豊富な方ではありませんが、アルバイトから得たことや学んだことは多いです。私は、以前地元のスーパーで総菜売り場の掃除や惣菜のパック詰めのアルバイトをしていました。そこでは半年しか働いていませんでした。しかし、やって良かったと思っています。

まず、スーパーの惣菜売り場の仕事は時間をとても意識することが大切なのだと、知りました。その日、売れ残りの惣菜を出さないために、決められた時間になると値引きを開始します。具体的には、帰宅帰りのサラリーマンや家族連れが多く来る時間です。売り場に出て値引きをするので、お客さんの邪魔にならないように、手早く済ませなくてはいけません。なので、その日売れ残っている惣菜の数を踏まえた上で、値引きを済ませる時間を考えなくてはいけませんでした。時間との勝負です。

人間関係でも、学んだことがありました。惣菜売り場の掃除では、作業を効率的に行うためにコミュニケーションを円滑に進めることが求められました。先輩や同僚たちは無駄口をたたかず、なるべく大きな声で端的な表現の言葉を使ってコミュニケーションをしていました。私もそれを見習い、真似して働きました。時には分かりづらいと、注意を受けることもありましたが、その都度表現を改めて工夫することをしました。休憩時間には、先輩に仕事のことや仕事のことではないプライベートなことも相談に乗っていただきありがたかったです。このようにアルバイトは学生や正社員になる前の若い人達にとって、仕事を含めた社会経験を実体験で学ぶ場だと思います。お金を稼ぐからこそ、学校では学べないことを経験として得られるので、若い人は積極的にアルバイトをするとよいでしょう。

Copyright (C)2017アルバイトから正社員について.All rights reserved.