アルバイトから正社員について

人間関係の構築が上手い人ならば広告作成のアルバイト

IT系の仕事というと、一日中パソコンに向かってコードを書いたり、図面を描いたり、といったイメージがありますが、実際にはIT系の職業は技術系と営業系に分業されているのが普通で、打ち合わせなどを専門的に行う人もいます。ディレクターなどの名前がつくのは、だいたいクライアントとのコミュニケーションをするのがメイン仕事になります。これらの技術、営業を半々くらいの割合で行う仕事が広告作成のアルバイトです。文字通り色々な業界から広告の依頼を受けて、それを作成していきます。今ではほとんどがパソコンソフトを使った広告作成ですが、中には手書き作成を行っている所もあるようです。ここではデスクワークがメインになります。

しかし、広告の作成と言っても、クライアントの要望が基本となるので、それに対してしっりと耳を傾ける必要があります。つまり、広告作成の仕事の大半はクライアントとの人間関係に依存していると言っても過言ではありません。いかに優れた広告を作り出せたにしても、それがクライアントの要望に沿ったものでなければ意味が無いということです。アルバムでも慣れてくると打ち合わせ、企画などの重要な仕事を任される事もあります。

関連リンク

Copyright (C)2017アルバイトから正社員について.All rights reserved.