アルバイトから正社員について

様々な職種で必要とされるCADのアルバイト

昔は家を建てる時には大工さんが鉛筆や定規を使って図面を作成する、というのが定番だったようですが、今やそういった図面はCADソフトという専門の図面作成ソフトがあればパソコンで作れます。むしろ、CADを使っていない所の方が珍しくなっているくらい普及しています。-Computer-Aided-Designの略称がCADで、アルバイトの仕事ではベースになる設計図を見ながらCADソフトという専用のソフトを使っての図面作成を行います。図面作成といっても業種ごとにCADソフトの内容が違うのが特徴です。図面と言えば不動産業界、といったイメージがまず思い浮かびますが、CADのスキルはIT系の業界でも必要となる事があります。

不動産業界のCAD制作の事例をあげてみますと、物件の設計図や見取り図を制作するなどの図面に関わる仕事を引き受けます。図面の仕上がりはミスの無いようにしなければ、クライアントの信用が失われてしまいます。最もやり甲斐を感じられるのは、自分が作成した図面を元にして建物が建設された時で、世の中への貢献度が目に見えてわかる時だと言います。CADのアルバイトをしていると現場でしか磨けないスキルが磨けるというメリットがあります。

Copyright (C)2017アルバイトから正社員について.All rights reserved.